脂肪吸引後の経過について解説。効果がでるまでに何日かかる?

liposuction

脂肪吸引の手術を受けることによって、手術前よりは確実に細くなります。ですが、手術直後は腫れやむくみが出るので、細さを実感しにくいことがあります。ここでは、脂肪吸引の効果がでるまでの経過についてお話しします。

スポンサーリンク

脂肪吸引手術後の経過

脂肪吸引を受けた後に、見た目に細さが現れるのには1~3ヶ月ほどかかります。術後の経過は以下のようになっています。

手術日数経過
当日~1週間痛み・腫れが強く、あざが目立つため、肌の露出が少ない服を着る。圧迫固定されているため、体が動かしにくい。
1週間~2週間痛み・腫れが徐々に改善されるが、むくみが出る。この時期から患部のマッサージを始める。
2週間~3週間痛み・腫れ・あざが明らかに改善する。肌が黄色く変色するが、内出血が回復している証拠なので気にしなくて良い。日常生活は問題なく送れる。
3週間~1ヶ月細くなったことが見た目で分かるようになる。脂肪組織が回復しているため、ひきつりを感じることがある。
1ヶ月~2ヶ月手術前より、明らかに細くなっていることが実感できる。ひきつり、痒みが出ることがあるか、日常生活に支障はない。
2ヶ月~3ヶ月皮膚の硬さや引きつり感が徐々に改善される。むくみ・腫れも解消され、体の細さがはっきりと分かる。
3ヶ月以降色素沈着・傷痕が薄くなり、ほとんど目立たなくなる。ボディラインがほぼ完成する。

手術当日~1ヶ月目までは患部を圧迫固定する必要があるため、体のラインが出る服や肌の露出が多い服が着れません。腫れやむくみも出るので細くなったと実感できない場合が多いです。

一か月目以降は腫れ・むくみ・アザが改善されていき、細身のスキニ―やボディラインが出る服装をしても問題ありません。3か月以上経過すると、ほぼ完成形の状態になるため、手術前より明らかに細くなったことが見た目で分かります。

できるだけ早く細くなりたい人へ

手術後にできるだけ早くボディラインを完成させたい・細くなりたいという場合は、以下の4つを守るようにしましょう。

  1. 圧迫固定を24時間続ける
  2. 術後1か月目は入浴をしない(シャワーはOK)
  3. マッサージをしっかりと行う
  4. 体を冷やさない

圧迫固定を24時間続ける

脂肪吸引後は、吸引した部位を圧迫固定する必要があります。圧迫下着(コルセット)を着用し、常に圧迫している状態をキープしてください。お風呂に入る時以外は圧迫下着を着用したままの方がいいですね。

とくに術後1か月間は気を抜かないようにしましょう。この時期の圧迫が甘いと、腫れやむくみが解消しにくいだけでなく、細さが出にくくなり、脂肪吸引の効果が下がってしまいます。

術後1か月は入浴をしない(シャワーはOK)

入浴は1週間目以降なら許可されていますが、入浴時は圧迫下着を脱ぐ必要があるので、患部を圧迫することができません。ですので、長時間の入浴は避けて、圧迫しない時間をできるだけ短くした方が良いということになります。

マッサージをしっかりと行う

脂肪吸引は、執刀した医師の技術や手術の内容だけでなく、術後のマッサージ次第でも仕上がりに差がでます。脂肪吸引後のマッサージは術後1週間目から開始しますが、きちんとマッサージをしないと細さが出ないままで完成してしまうことがあります。

また、手術直後のしこりやデコボコを放置してしまうと、そのままの状態で脂肪が固まってしまいます。ですので、マッサージをすることによって、脂肪の塊(しこり)をつぶし、表面を滑らかにすることが重要です。手でマッサージするのが苦手な人は、ボディマッサージ用のローラーを使ってみてください。

マッサージによって細くなった部分は、細いままの状態でキープできます。患部を触ると痛みを感じますが、アフターケア次第でその後の仕上がりに大きな差が出るので、気を抜かないように気を付けて下さい。

体を冷やさない・食事管理をする

meal

脂肪吸引を受けた部分は、腫れ・むくみ・あざが強く出ます。これは、手術によって脂肪を吸い出したため、脂肪層に傷がついていることが原因です。傷を早く治すためには、代謝を良くして血流を改善するのが効果的です。

冷たいものを飲みすぎない・患部を温めるなどして、できるだけ体を冷やさないようにしてください。また、傷の治りが早くなる栄養素を積極的に摂取しましょう。

◆亜鉛(細胞の回復を早める)
牡蠣・あさり・レバー・ごま・卵・チーズ・大豆・玄米
◆クエン酸・ビタミンC(亜鉛の吸収率を上げる)
レモン・梅干し・キウイ
◆ビタミンB2、B6、B12、ナイアシン(皮膚の炎症を抑える)
ビタミンB2:レバー・納豆・チーズ・ごま
ビタミンB6:レバー・バナナ・鮭
ビタミンB12:レバー・牡蠣・のり
ナイアシン:レバー・さば・いわし・たらこ
ビタミンA(皮膚・粘膜を強くする)
レバー・牛乳・のり・にんじん・トマト・ほうれん草
ビタミンE(細胞の再生を早める)
アーモンド・落花生・ほうれん草
スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする