脂肪吸引をする前のセルフチェック

liposuction

脂肪吸引でとれる脂肪ってどれくらいなの?本当に細くなるの?せっかく脂肪吸引をするなら、理想のボディラインを手に入れたいですよね。実は、脂肪吸引でとれる脂肪は、自分で確認することができます。カウンセリングを受ける前にセルフチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

脂肪吸引をする前のセルフチェック

指でつまんでみよう

親指と人差し指で気になる部分をつまみます。つまめる部分が、皮下脂肪と皮膚です。つまんだまま指を動かすと、コリコリとした部分があると思います。それが筋肉です。

つまめる部分が多いほど、脂肪吸引でとれる脂肪も多いということです。脂肪吸引をした際に、どれくらい取れるのかの目安になるので、全体的に触ってみて、実際に確認してみましょう。

皮膚が薄い部分は注意

体全体をつまんでいると、皮膚の感触が薄い、またはたるんでいる部分はありませんか。その部分をリスクゾーンといいます。リスクゾーンとは、脂肪をとってはいけない部分です。

リスクゾーンの脂肪をとってしまうと、手術後に皮膚の感触が変わる、凹みができるなどの後遺症が残る場合があります。もしもリスクゾーンの脂肪をとりたい場合は、カウンセリングをする際にドクターに相談してみましょう。

過度に吸引しなければ、ある程度の脂肪はとれることがあります。また、皮膚のたるみが起こりにくく、引き締め効果のあるベイザー脂肪吸引をすれば、皮膚のトラブルが起こりにくいといわれています。もしも、手術後に皮膚のたるみが気になる場合は、切除手術を受けることも可能です。

セルフチェックだけでは、脂肪吸引の効果や術後の症状をはっきりと確認することができません。なので、あくまでも目安として、セルフチェックをしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする