脂肪吸引の手術後の痛み方と期間について

Pain of liposuction

脂肪吸引は痛いの?痛くないの?脂肪吸引手術を受けたいと思っていても、仕事や生活への影響が心配ですよね。特に心配なのが『術後の痛み』です。ここでは、脂肪吸引の痛みやダウンタイムについてお話しします。

手術後の過ごし方を事前に知っておけば、手術前に不安を抱えずに済みます。これから脂肪吸引を受ける人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

脂肪吸引ってどれくらい痛いの?

脂肪吸引の痛みは、ひどい筋肉痛をイメージしていただければ分かりやすいと思います。吸引範囲が広いほど痛みも大きくなり、手術直後~3日目までは動きがスローになります。とくに下半身(お尻・太もも)の脂肪吸引をした場合は、座ったり立ったりする動作が辛いため、自宅で安静にするのが良いですね。

人によっては、全く痛まないこともあり、痛みの程度は個人差があります。また、医師の技術や手術のメニュー、脂肪吸引機器の種類によっても変わります。ベイザー脂肪吸引の場合は、内出血や痛みが少ないので、痛みが心配な方におすすめの施術方法です。

痛みはどれくらい続くの?

手術直後から3日後までが一番痛みが大きい期間です。この期間を過ぎると痛みは徐々に和らぎ、1~2週間程度で気にならない程度に回復します。ただし、吸引時に皮膚や筋肉を傷つけてしまった場合は、痛みが長引くこともあります。

下位のメニューほど痛みやリスクが大きくなるため、できればベイザー脂肪吸引か、ボディジェットを選ぶことをおすすめします。

また、術後の経過は下記のようになっています。個人差はありますが、おおよその目安になるので参考にしてください。

手術日数経過
当日~1週間痛み・腫れが強く、あざが目立つため、肌の露出が少ない服を着る。圧迫固定されているため、体が動かしにくい。
1週間~2週間痛み・腫れが徐々に改善されるが、むくみが出る。この時期から患部のマッサージを始める。
2週間~3週間痛み・腫れ・あざが明らかに改善する。肌が黄色く変色するが、内出血が回復している証拠なので気にしなくて良い。日常生活は問題なく送れる。
3週間~1ヶ月細くなったことが見た目で分かるようになる。脂肪組織が回復しているため、ひきつりを感じることがある。
1ヶ月~2ヶ月手術前より、明らかに細くなっていることが実感できる。ひきつり、痒みが出ることがあるか、日常生活に支障はない。
2ヶ月~3ヶ月皮膚の硬さや引きつり感が徐々に改善される。むくみ・腫れも解消され、体の細さがはっきりと分かる。
3ヶ月以降色素沈着・傷痕が薄くなり、ほとんど目立たなくなる。ボディラインがほぼ完成する。

痛みを軽くする対処法

痛み止めを服用する

手術後は、内服薬と座薬を同時に処方されます。内服薬の場合は、服用してから効果が出るまでに30分ほどかかります。座薬の場合は、15分程度で体内に吸収され、効果が出るのが早いです。ですので、強い痛みを感じる場合は、座薬を使うと効果的です。

また、クリニックから処方される薬には内服・座薬を含めて3種類ほどあります。痛みの程度によって使い分け、手術後3日間は、できる限り安静にすることが大事です。

痛む部分を冷やす(アイシング)

術後の痛みや痒みを和らげる方法をしてアイシングが効果的です。ただし、手術から4日目以降は血行を改善する必要があるため、逆効果となってしまいます。アイシングの効果的な期間をしっかりと把握した上で取り入れるようにしてください。

血行を改善する

脂肪吸引後は、皮下脂肪が傷つき、内出血が出ている状態です。また、腫れやむくみが出るため、血行を改善し、血の巡りを良くする必要があります。冷たいものを飲まない、湯船につかる、マッサージをするなどして、体を冷やさないように気を付けてください。

術後の痛みに耐えられるか心配

脂肪吸引を受けたいけれど、術後の痛みが心配・・・という方は多いと思います。ここからは、2回の脂肪吸引を体験した私の感想をお話しします。

手術直後の痛みと体の状態

手術直後は、体に麻酔が残っている状態なので、それほど強い痛みは感じません。吸引した部分はガッチリと圧迫固定されているため、動作は遅く動きにくいですが、電車やバスで帰宅する分には問題は無いです。また、帰宅前に座薬を入れるので、2~3時間程度は強い痛みを感じることは無かったですね。

手術から3~6時間後の痛み

帰宅後は自宅で安静にする必要があります。食事やトイレなどは問題ありませんが、体を大きく動かす作業はNGです。(固定されているのでできない)

手術から3~6時間ほど経つと、少しずつ痛みを感じるようになります。先ほども言いましたが、筋肉痛のような鈍い痛みです。激痛ではないので、それほど気になりません。ただし、鎮痛剤の効果が切れると痛みが大きくなる可能性があるので、手術から6~8時間後には再度、薬を服用しました。

翌日の痛み

翌日は、朝目が覚めた時に体が重く感じました。しっかりと圧迫されているため、体が動かしにくく、違和感を感じます。前日同様、痛みはそれほどありません。時間が経つと痛くなると思ったので、朝食後に痛み止めを服用します。その後も、服用時間を守って一日3回服用します。

薬が切れる前に服用すれば、効果を持続することができるので、目立った痛みはありません。ただし、早く動いたり、大きな動作をすることができません。手術日合わせて4日間の休みをとっていたのですが、仕事を休めない方は気を付けた方がいいですね。手術の翌日は自宅で安静にした方が良いと思います。

手術から3~7日後

手術から3~7日経つと、体の痛みが徐々に引いていきます。3日目までは痛み止めを服用していましたが、4日目以降は服用を中止しました。(痛む時だけ飲めばOK)

この頃は、体の痛みよりは腫れやむくみが気になりました。脂肪吸引をするとパンパンに腫れるので、体に違和感を感じます。激しい運動や動作をしなければ、日常生活に問題はありませんが、活動はしにくいですね。

手術から一週間後~

手術から一週間がたつと、体の違和感にも慣れますし、問題なく生活ができます。仕事復帰ももちろんできます。手術した部分を強く触ったり、服を着替える際に動かしたりすると一瞬、ピリッとした痛みがありますが、すぐに治まります。

圧迫固定を続けなければならず、圧迫下着(コルセット)が目立たない服装を選ぶのがちょっとめんどくさいかな。上半身の場合は長袖、下半身の場合は長ズボンを着る必要があるので、涼しい時期に手術をした方がいいかもしれません。

一週間後以降は痛みは軽くなる

手術から一週間後以降は、痛みは軽くなるので、いつも通り活動できます。(激しい運動はNG)

「脂肪吸引は激痛!」とか「泣くほど痛い」といった口コミをよく見かけますが、多分思ったほど痛くないですよ。私は痛みに強いわけではありませんが、「あれ?この程度なんだな~」と拍子抜けした覚えがあります。

ただし、担当する医師やどのクリニックで手術を受けるかによって痛みも変わるので、心配な方はカウンセリングの際に詳しく訪ねてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする