遠方(県外)のクリニックで脂肪吸引を受けたい場合

Liposuction

『近所に腕のいいドクターがいない』『知り合いにバレたくないから、遠くのクリニックで脂肪吸引をしたい』と思う人もいますよね。美容整形は自由診療なので、受けたいクリニックを自由に選ぶことができます。ただし、県外のクリニックで脂肪吸引を受けたい場合は、いくつか注意点があります。

スポンサーリンク

事前に血液検査が必要

お腹・お尻・太ももなどの広範囲の脂肪吸引、または、脂肪の吸引量が多い(1000~1500cc)場合などは、手術前に血液検査をする必要があります。血液検査は3ヶ月以内のものが有効とされていますが、職場で受ける血液検査では検査項目が不十分のため、改めて血液を詐取する必要があります。

血液検査で必要な項目は以下のものです。

  1. 一般生化学・血算
  2. 感染症(HIV・B型肝炎・C型肝炎)
  3. 凝固能

血液検査はカウンセリング当日またはカウンセリング後に行いますが、遠方のクリニックで手術を受ける場合は、自宅から近い院で受けることもできます。血液検査の結果が出るまでには、5日程度かかりますので、手術日はそれ以降となります。また、小範囲(二の腕・顔)の脂肪吸引では、血液検査が不要な場合がほとんどです。

当日は絶飲食

静脈麻酔を使用する手術では、メニューに関わらず絶飲食となります。食べものならば6時間前から、飲みものならば3時間前から口に入れてはいけません。

うっかり食べてしまうと、手術が延期になるので気を付けてください。また、胃に食べものがある状態で手術を受けると、合併症(誤嚥)が起こり、大変危険ですので十分に注意してください。

手術後はタクシーを使うかホテルに泊まる

人によっては、手術後の痛みがひどく、歩けないことがあります。また麻酔の影響でふらついたり、意識がはっきりしないなどの症状を引き起こすことがあります。

もしも県外の美容外科で手術を受ける場合は、帰宅手段をタクシーにするなどの対策をとりましょう。また、長時間の移動が必要な場合は、近くのホテルに泊まるなどして安静にするのが良いかと思います。

支払方法の確認

ほとんどの場合、手術費用は手術を受ける前に支払いを済ませます。手術当日に医療ローンを組む場合は、審査が通らなかったことを考えて、現金またはクレジットカードを準備しておきましょう。

術後のガーゼ交換・抜糸

脂肪吸引の手術後は、3日目に吸引部位の確認とガーゼ交換、一週間後に抜糸をします。血液検査同様、自宅近くの院で対応することもできますが、できれば手術を受けた所で診察を受けることをおすすめします。

術後の検査は30分程度で終わります。遠方のクリニックで手術した場合は、移動時間が長く、交通費もかかると思いますが、術後の検査をしなかったり、抜糸をせずにそのままの状態で放置した場合は、感染症を起こす可能性があるので、必ず術後に診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする