美容整形のモニター制度とは?

liposuction

美容外科の公式サイトを見ていると『モニター募集』と書いてあることがありますよね。手術料金を見ると一般の価格よりも安くなっています。

ここでは、美容整形のモニター制度の仕組みについて詳しくお話しします。

スポンサーリンク

モニター制度とは?

美容整形は、誰しも内緒にしたいことですし、口コミも広まりづらいですよね。また、美容整形の宣伝は厳しく規制されており、広告手段が限られています。このような状況で一番効果的な広告手段が、実際の症例写真や実績をアピールすることです。

そのため、ほとんどの美容外科(クリニック)でモニター制度を採用しており、モニターになった人は、術後経過の情報や手術前・後の写真をクリニックに提供します。提供した写真は公式サイトに掲載されたり、広告素材に採用されます。

モニターでいくら安くなる?

モニターになると、症例写真を提供する代わりに、モニター価格で手術を受けることができます。モニター価格は通常価格よりも4~5割引されます。モニター価格というのは、医師の技術料を差し引いた金額です。

医師は担当した手術や実績をデータ化するために、多くの症例写真を必要としています。格安で手術が受けられるからといって医師の技術に問題があるわけではありません。

モニターで個人が特定される?

通常、症例写真として掲載されるのは、手術を受けた部位だけです。ですので、顔以外の部位を施術した場合は個人が特定されることは稀です。これは脂肪吸引、豊胸に限らずすべてのメニューで共通しています。

もしも顔の脂肪吸引や二重まぶたのモニターになった場合は、顔の症例写真を提供することになります。身分がバレるのが不安という方は、担当の医師と相談してみましょう。黒塗りやモザイクを入れるなどして個人の特定を防止することができます。

また、顔を出して全面的に協力するモニター制度もあります。この場合は、手術費用は完全に無料か、麻酔代(~3万円)のみで美容整形を受けることができます。

モニターの通院頻度

通常の美容整形では、手術後の通院は0回~2回程度です。ですが、モニターになると通院回数が増えることがあります。手術1週間後、1か月後、3か月後、半年後、一年後に通院するパターンが多いですね。

手術の内容によっては手術後に1回の通院のみでモニターに採用されることもあります。私も脂肪吸引と豊胸手術のモニターになったことがありますが、通院回数はどちらも1回のみでした。クリニックや手術のメニューによって変わるので、担当の医師に尋ねてみましょう。

モニターになるにはどうしたらいいの?

モニターになりたい場合は、カウンセリング時に「モニター希望」と伝えます。ただし、モニターを募集していないメニューもあるので、クリニックの公式サイトでモニターが募集されているかを確認してみてください。モニターが募集されていない場合は担当の医師に相談してみましょう。

また、モニターは通常よりも格安で手術が受けられるので、人気のメニューはすぐに定員いっぱいになってしまいます。受けたい手術のモニターが募集されている場合は、早めにカウンセリングの予約をすると良いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする