全身の脂肪吸引の値段とリスクについて

liposuction

脂肪吸引を受けたいと思っている人ならば、『一日でも早くスリムな体を手に入れたい』と考える人がほとんどだと思います。脂肪吸引は食事制限やダイエットをせずに、手術によって脂肪を取り除くことができるので、女性に人気の美容整形手術です。

一日で全身の脂肪吸引を済ませたいと思う人もいるかもしれませんが、安全性やリスクを考えると、一度に全ての手術を行うことはできません。ここでは、全身の脂肪吸引の仕組み・リスク・手術の値段(費用)についてお話しします。

スポンサーリンク

全身の脂肪吸引の特徴

太りにくくなる

全身の脂肪吸引を行うと、太りにくく痩せやすい体質になります。人間の脂肪細胞の数は決まっており、その脂肪細胞が膨らんだり縮んだりすることで体型が変わります。

ダイエットをして脂肪細胞が小さくなり、スリムな体型を手に入れたとしても、その後に太るような生活をしてしまった場合は、元の大きさに戻ってしまいます。これがリバウンドです。Fat cell

脂肪吸引を受けると、脂肪細胞の数自体を減らすことができます。太る原因となる脂肪細胞が少なくなっているので、リバウンドがしにくく、少し太っても痩せやすい体質になります。

全身の脂肪吸引では、体の脂肪細胞が大幅に減るので手術前よりもかなり細くなりますし、過食さえしなければ半永久的にスリムな体型をキープすることができます。

脂肪吸引ができない部分

脂肪吸引は、とりたい部分ならどこでも手術できるというわけではありません。脂肪吸引が受けられる部位は以下のようになっています。

Site capable liposuction
赤い部分は脂肪吸引ができる部位・青い部分は脂肪吸引ができない部位です。

脂肪吸引ができる部位

頬/顎下/肩/胸/二の腕/背中/お腹/恥骨の上/太もも/お尻/膝の上/ふくらはぎ/

反対に、脂肪吸引を受けられない部分もあります。

脂肪吸引ができない部位

首/前腕(肘下)/手の甲・指/ひざ/すね/足の甲・指/背骨の周り/お尻の内側(お尻が垂れてしまうから)

全身の脂肪吸引の手術計画

手術間隔を1か月以上空ける

calender

全身の脂肪吸引を受けるならば、前回の手術から次の手術を受けるまでの間隔を一か月以上空ける必要があります。理由は、患者の体調や吸引箇所の状態が回復するまでには時間が必要だからです。

中には術後のダウンタイムが短く、比較的早く日常生活に戻れる人もいますが、ほとんどの人は痛みや腫れ、内出血などが原因で動きづらく、体に負担がかかりやすくなっています。無理のある手術計画を立ててしまうと、日常生活(仕事など)にも支障がでるので、焦りすぎないようにしましょう。

ダウンタイムが辛い部位から受ける

脂肪吸引の手術は基本的にはどこから受けても良いのですが、ダウンタイムが辛い部位から受けることをおすすめします。ダウンタイムが辛い部位=吸引範囲が広い部位ということです。具体的に言うと、お尻、太もも、お腹、背中などですね。

吸引範囲が広い部位から手術すると、他の部位を手術しなくてもよくなる可能性があります。とくにお腹や太ももは手術後の変化も大きいですし、痩身効果がはっきりと分かります。

これらの部位の脂肪吸引を先に受けて、細くなったことに満足すると他の部位が気にならなくなるということがあります。手術の回数が減れば、手術費用を抑えることができるので、まずは吸引範囲が広い部位から受けてみると良いですね。

脂肪量が多い人の全身の脂肪吸引の治療計画(体脂肪率30%以上)
1回目 太もも・お尻、(顔)
2回目 お腹・ウエスト、(顔)
3回目 二の腕とふくらはぎ、(顔)
4回目 背中、(顔)
顔の脂肪吸引は1~4回目のいずれかでうける

普通体型の方の全身の脂肪吸引の治療計画(体脂肪率17~27%)
1回目 太もも・お尻と二の腕
2回目 お腹・ウエストと背中、ふくらはぎ
3回目 顔

参考元:医師が教える美容ゼミ

全身の脂肪吸引の注意点

手術のリスクと危険性

脂肪吸引の手術は脂肪の吸引範囲が広くなるほどリスクが高まります。また、一度に大量の脂肪をとってしまうと合併症や死亡事故を引き起こす危険性もあります。

全身の脂肪吸引の場合は、吸引範囲が広い部位+狭い部位の組み合わせで手術を行うのがベストです。(例:太もも+二の腕など)

一度の手術で太もも・お腹・お尻・背中などの手術を同時に行ってしまうと、出血量も多くなってしまいますし、体への負担も大きくなります。ですので、一日の脂肪吸引で広範囲の手術を行うのはリスクが高いということになります。

一日で手術を済ませた場合のデメリット

metabolic_ninoude

一度の手術で安全に吸引できる脂肪の量は5000ccまでです。そのため、全身の脂肪吸引を一度で済ませたい場合は、5000ccの上限を超えない範囲でまんべんなく、それなりに脂肪を吸引するしかありません。

その結果、術後に細さを感じられず、再手術を受けるということがあります。一日で全身の脂肪吸引を行うクリニックもありますが、患者側から見ればほとんどメリットがありません。手術回数は少ない方が楽ですが、楽な分だけ効果も出にくいですし、安全性・手術の質が低いということになります。

全身の脂肪吸引の相場

money

全身の脂肪吸引の費用はクリニックによって大きく変わります。また手術方法によっても価格が上下します。相場はおおよそ、200万円~400万円です。

注意点ですが、値段が安くて質が高い手術というのはありません。低価格なメニューでは、それなりの痩身効果しかでませんし、思ったほど細くならない可能性があります。

脂肪吸引の手術は一度受ければ半永久的に効果が持続します。せっかく脂肪吸引をするならば、できるだけ高品質なメニューを選んだ方が良いですよね。

また、低価格の脂肪吸引を受けた後に効果を感じられずに再手術することになった場合の手術費用や体の負担を考えると、最初の手術の段階で高品質なメニューを選ぶ方が失敗しにくいということになります。

ただし、費用が高い=質の高い手術とは限りません。脂肪吸引で成功するポイントは、自分に合った医師に出会うことです。とくに全身の脂肪吸引の場合は小範囲の手術よりも負担が大きいですし、完成までに時間がかかります。

まずは、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてみて本当に信頼できる医師(名医)を探してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする