ボディジェット脂肪吸引の仕組みと効果

body-jet

ボディジェットとは、ジェット水流の力で脂肪細胞を分離(粉砕)させながら吸引する脂肪吸引の方法です。脂肪と筋肉の間に水の隙間を作ることで、カニューレ(吸引管)の操作による血管・神経へのダメージを軽減させることができます。

周辺組織を傷つけることなく脂肪を取り除くことができるため、痛みや内出血が起こりにくいというメリットがあります。ボディジェットの相場は、以下のようになっています。

  • ウエスト:17~20万円
  • 太もも(一か所):17~35万円
  • お尻:20~30万円
  • ふくらはぎ:17万円前後

スポンサーリンク

ボディジェットの効果

ムラになりにくい

ジェット水流によって脂肪を分離するため、従来の脂肪吸引よりも弱めの吸引圧で脂肪を取り除くことができます。吸引の微調整もしやすいので、脂肪の取り残しや取りすぎも起こりにくくなっています。取りムラができにくいので、表面が滑らかで綺麗な仕上がりを期待することができます。

ダウンタイムが短い

calender

従来の脂肪吸引では、線維組織を引きちぎって脂肪を吸引していたため、血管や神経を傷つけてしまうというデメリットがありました。ボディジェット脂肪吸引は、ジェット水流によって脂肪を分解するため、スムーズに脂肪を吸引することが可能です。そのため、血管や神経への負担が少なく、術後のダウンタイムが短くなりました。

また、術後の回復も早く、手術が終わってから1~2時間程度で帰宅することができます。体に負担のかかる作業は禁物ですが、デスクワークであれば手術の翌日から仕事復帰することも可能です。

痛み・腫れ少ない

ボディジェット脂肪吸引は、従来の方法に比べると痛みが少なくなっています。血管や神経へのダメージが軽減されたことにより、腫れや内出血も少ないです。全く痛くないわけではありませんが、手術中や手術後の痛みは従来の方法よりも大幅に軽くなっています。

ベイザー脂肪吸引との違い

vaser

ベイザー脂肪吸引とは、ベイザー波と呼ばれる超音波によって脂肪細胞を柔らかくした後に脂肪を吸引する方法です。ベイザー波の効果で脂肪が液状化するため、カニューレの操作によって周辺組織が傷つきにくいことが大きな特徴です。

ベイザー脂肪吸引とボディジェットはどちらも痩身効果が高く人気の手術です。ベイザー脂肪吸引の方が5~10万円ほど高めですが、この2つに違いはあるのでしょうか?

ベイザー脂肪吸引の方が脂肪がとれる

ベイザー脂肪吸引は、現時点では最新の技術です。そのため、他の手術方法よりも多くの(3割以上)脂肪が取れます。3割という数字をどう捉えるかにもよりますが、少しでも多くの脂肪をとってほしいという人は、ベイザー脂肪吸引を受けた方が良いということになります。

また、ベイザー脂肪吸引の内出血はボディジェットと同じくらいで、腫れはボディジェットより少ないです。そして、ベイザー脂肪吸引の方が肌の引き締め効果が高いため、手術後に皮膚がたるみにくくなります。ダウンタイムも短いため、術後の回復が早い方が良いという人は、ベイザー脂肪吸引がおすすめです。

 美ボディ脂肪吸引根こそぎボディジェット根こそぎとれる
VASER(ベイザー)脂肪吸引
脂肪吸引方法陰圧式脂肪吸引ボディジェットベイザー脂肪吸引
脂肪除去率皮下脂肪の50%皮下脂肪の70%皮下脂肪の90%
内出血やや多いやや少ない少ない
痛みやや強い普通やや少ない
ダウンタイムやや少ないやや少ない少ない

これは湘南美容外科のメニュー表です。ボディジェットでも十分に効果を感じられますが、やはりベイザー脂肪吸引の方が痩身効果が高くなっています。どちらにするか迷うという人は、カウンセリングを受けた際に医師と相談してみてください。

ベイザー脂肪吸引が受けられるクリニック

ボディジェットが受けられるクリニック

※リンク先でクリニックの詳細を見ることができます。

ボディジェットの仕組みが分かる動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする